2015年04月15日

IVFとICSIのどちらを選びますか?

体外受精と顕微授精ではどちらの方が妊娠しやすいの?

ご存知の方も多いと思いますが、日本では採卵した卵を受精させる際に、IVF(体外受精 いわゆる、ふりかけ法)とICSI(顕微授精 精子を卵子に直接注入する方法)のどちらかが用いられます。当初はIVFが多かったのですが、近年、日本ではIVFよりもICSIが増加する傾向にあります。これは日本だけの傾向ではなくアメリカも同じような傾向を示しています。

ここで一つ紹介したい論文があります。アメリカの論文誌JAMAで発表されました”Trends in Use of and Reproductive Outcomes Associated With Intracytoplasmic Sperm Injection.”という論文です。

この論文を要約しますとICSI導入当初は、男性の精子の質に問題がある際にIVFでは受精が見込めないという事でICSIを選択していたのですが、次第に男性因子が存在しないカップルにおいてもICSIが選択されるようになっていきました。それによりICSIの実施割合は1996年当初の36.4%から2012年には76.2%と大幅に増加したのです。

続きはコチラ!

2015年04月06日

自転車とインポの関係

私のところは40歳代の女性が多くお越しになるのですが、
その関係でご主人が50歳代、という方も少なくありません。

そういった"年齢的"な要素からか、
夫婦行為中もしくは前の男性機能の問題、ようするに「インポ」の悩みが増えてくるんですね。
その中で、まことしやかに出てくるのが、

「自転車」

の問題なのです。

続きはコチラ!

タグ:インポ ED

2015年03月02日

刺激か、それとも、自然周期か

最近、多く頂く質問に、

「刺激周期と自然周期、どちらがいいでしょうか」

という質問があります。
とても難しい質問ではありますが、
私なりの見解を書いていきたいと思います。

続きはコチラ!

Posted at 01:00| 卵の質 | この記事のURL | コメント(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

閉経は本当に原始卵胞が「0」なのでしょうか

今年から早発閉経対策コースを始めさせて頂いておりますが、
その中で、よく頂くご質問があります。

それは
「閉経というのは卵がもうない状態なんだよ」
と言われている方が多く、

「卵がない」

のなら、対策をしても意味がないのではないか、
という質問です。

今回はこれについて書いていきたいと思います。

続きはコチラ!

2015年02月18日

生活習慣の改善の大切さ

先日、森三中の大島さんが妊娠されたという報道がありました。

本当におめでとうございます。
昨年、取材でお越し下さった時に、
生活習慣の改善についてお話しさせていただきましたが、
今回、大島さんが出されたコメントにも
生活習慣の改善について言及されていて、
説明させていただいた甲斐があったと本当にうれしく思います。

生活習慣の改善は誰でも、お金をかけることなく、
確実」に妊娠力を上げることが出来る方法です。
そして、何よりも、どうすれば妊娠力を上げることができるか、について
医学的に立証されているものが少なくありません。

このブログにはそういった生活習慣の改善方法が
多く紹介されていますので、
是非、皆様の妊活にご活用ください。


子宝マッサージの施術ご希望の方は新規受付はこちらをご参照ください


※ 何か質問がある時はお気軽にコメントを! お待ちしています。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝ストレッチ amazon

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
※ 「子宝マッサージ」「基礎体温コントロール」「こうのとり療法」「子宝治療院」などは当治療院の登録商標です。
タグ:ストレス

2015年02月10日

着床前受精卵遺伝子スクリーニング、いよいよ始まる

先週の土曜日(2月7日)、日本産科婦人科学会で開かれた公開シンポジウムで「着床前受精卵遺伝子スクリーニング(PGS)特別臨床研究」の実施計画案が公開されました。

同案では「受精卵の46染色体の全てを網羅的にアレイCGHで解析し、染色体数が異常のない胚を「適」と判定。その中から移植胚を実施施設が選択して母体に戻し、流産率や出生率などの妊娠予後を改善するかを検証」する方針ということです。

私の予想から言うと、
・移植回数あたりの出生率は上昇
・受精卵あたりの出生率は下降
になると考えています。

続きはコチラ!

Posted at 09:01| 卵の質 | この記事のURL | コメント(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

赤ちゃんを寝かせるときにどうしますか?

お陰様で昨年も多くの「妊娠できたよ!」という報告を頂きました。

そして、出産後、赤ちゃんを連れてくれたり、電話やメール、
ハガキなどでも赤ちゃん誕生の知らせを頂き、本当にうれしく思います。
そういった方々から頂くご質問について、回答したいと思います。

Q:ベビーベッドに頂いたぬいぐるみを入れてもいいですか?
Q:赤ちゃんに枕を使ってもいいですか?
Q:フワフワの毛布を使ってもいいですか?

これらについて回答したいと思います。

続きはコチラ!

タグ:SIDS
Posted at 00:00| 雑記 | この記事のURL | コメント(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

乳製品の摂取で骨折と死亡率が上がる

昨年、BMJに乳製品の摂取と骨折や脂肪率に関する論文が掲載されました。


牛乳を摂る量によって死亡率と骨折がどう変化するか、という研究です。
一般的には乳製品を良く摂ると健康に!というイメージがありますが、
実際には、1日の摂取量コップ1杯未満に比べ3杯以上で

女性:死亡率↑ 骨折率↑
男性:死亡率↑

という結果になりました。
乳製品は乳がんリスクを上げることも分かっています。
また、高度生殖医療は乳がんリスクを上げるとも言いますから、
そういった面でも乳製品摂取には十分注意が必要になりそうですね。

私は禁止!っていいますが。


※ 何か質問がある時はお気軽にコメントを! お待ちしています。

※ 早発閉経対策コースに関しましてはこちらをご参照ください。

子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝ストレッチ amazon

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
※ 「子宝マッサージ」「基礎体温コントロール」「こうのとり療法」「子宝治療院」などは当治療院の登録商標です。
タグ:乳製品

2015年01月07日

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
今年も当ブログを宜しくお願い致します。

本日は七草の日ですよね。
みなさん食べられましたか?

私は妻が用意してくれた七草がゆを食べてから
治療院に向かいました。

七草にはそれぞれ薬効がありまして、
日本人は昔からそれを正月後の健康を祈願して頂いていました。

実際のところ、七草がゆに使う程度では
そういった薬効をあまり期待でいないのですが、
一つ言えることは、食後の血糖値の上昇は緩やかになるのですね。

血糖値の急激な上昇は妊娠にとってもマイナスになります。
そういった面からも、七草がゆを食べて、
健康と子宝を願ってみるのも良いかもしれませんね。


※ 何か質問がある時はお気軽にコメントを! お待ちしています。

※ 早発閉経対策コースに関しましてはこちらをご参照ください。

子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝ストレッチ amazon

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
※ 「子宝マッサージ」「基礎体温コントロール」「こうのとり療法」「子宝治療院」などは当治療院の登録商標です。
タグ:七草がゆ
Posted at 13:57| 雑記 | この記事のURL | コメント(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

「早発閉経対策コース」を設けます

師走も折り返しを迎え、寒さも厳しくなってきましたね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

今年はより女性機能を高めるためにどうsたら良いかについて、
様々なことにチャレンジした年でした。
お陰様でどうにか目処がつきましたので、

2015年2月より「早発閉経対策コース」を設けることになりました。

今年、医師から「閉経しています」と治療を断られた患者さん
30代〜40代前半の方の21人中13人の方が自力排卵できるようになりました。
中には卵巣を摘出した治療法以外ないと言われた方も数名含まれています。

定期的にお越し頂くことが必要になるのですが、
赤ちゃんをあきらめる前に一度検討してみてください。
こちらの募集詳細は2015年1月にホームページ上で公開したいと思います。



子宝マッサージの施術ご希望の方は新規受付はこちらをご参照ください


※ 何か質問がある時はお気軽にコメントを! お待ちしています。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝ストレッチ amazon

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
※ 「子宝マッサージ」「基礎体温コントロール」「こうのとり療法」「子宝治療院」などは当治療院の登録商標です。
タグ:早発閉経